16の小さな専門書店

6月30日 トークイベント 《海外コミック読書ガイド第三回》 政治編

トークイベント
《海外コミック読書ガイド第三回》

政治編

第三回からは、これまでよりもテーマを絞り、海外コミックをもっと深く掘り下げます。
今回は「政治編」といたしまして、各国のコミックから見られる社会体制や国内問題、そして人々の国家観などを解説。

登壇は
海外コミックを精力的に日本国内で紹介している翻訳者、椎名ゆかりさん、原正人さんと、店長鈴木、そして『マッドジャーマンズ』((ビルギット・ヴァイエ著/花伝社)の編集・翻訳を手掛けた山口侑紀さんを今回新たなメンバーに加えてパワーアップ。海外コミックからわかる世界の多様性を感じ取ってください。

取り上げる主な海外コミック(予定)

ビルギット・ヴァイエ
『マッドジャーマンズ ドイツ移民物語』
(花伝社)
チェ・ギュソク
『沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート』
(ころから)
ジョン・ルイス
『March1非暴力の闘い』
(岩波書店)
李昆武、フィリップ・オティエ
『チャイニーズ・ライフ 上・下』
(明石書店)

 

椎名ゆかり (翻訳家)

米国オハイオ州ボーリング・グリーン州立大学大学院ポピュラーカルチャー専攻修士課程修了。英語圏のコミック翻訳者、ライター。平成23~25年度、文化庁芸術文化課研究補佐員。訳書に『ファン・ホーム-ある家族の悲喜劇-』『ブラック・ホール』『サーガ』『アウトキャスト』『GET JIRO!』他。東京藝術大学非常勤講師。

原正人 (翻訳家)

静岡県生まれ。フランスのマンガ“バンド・デシネ”の翻訳者。訳書にバスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(小学館集英社プロダクション)、マリー・ポムピュイ、ファビアン・ヴェルマン&ケラスコエット『かわいい闇』(河出書房新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。「ガイマン賞」実行委員、「世界のマンガについてゆるーく考える会」主宰。

山口侑紀(編集者)

1987年福島県生まれ。一橋大学社会学部在学中にハイデルベルク大学哲学部に派遣留学。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。2017年にドイツ語コミック『マッドジャーマンズ』を翻訳し、勤務先である花伝社より刊行。2018年日本翻訳大賞第二次選考作品ノミネート。


※イベントは終了いたしました

6月30日(土)

15:00〜17:00(14:45開場)

場所:千葉市 そごう千葉ジュンヌ館3F 16の小さな専門書店内 シアター駒鳥座

参加無料

定員30名

※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。
※録音・録画はお断りしております。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial