16の小さな専門書店

写真集《立体交差》刊行記念・大山顕さんトークイベント 2/24

大山顕が追い続けるジャンクションが一堂に!
昼夜工事中のジャンクションを約11年分の作品から厳選・収録した写真集『立体交差」が出来上がりました。


本書の刊行を記念して
大山顕さんによるトークイベントを開催いたします。

スペシャルゲストに八馬智さん決定!
ドボクと言えばこの方、八馬智さんのご登壇が決まりました。
盟友ふたりがドボク鑑賞を語り尽くしてくれます。

プロフィール
八馬智 はちまさとし
1969年千葉県生まれ。千葉工業大学創造工学部デザイン科学科教授。専門は景観デザインと産業観光。建設コンサルタントを経て現職。著書に『ヨーロッパのドボクを見に行こう』(自由国民社)

『立体交差』大山顕/著 本の雑誌社 
都市に、野山に、水辺に広がる魅惑の巨大土木建造物。

東京、大阪、京都、福岡、四国、北九州etc.。列島に張り巡らされた高速道路網を(主に)脚元から臨む。建設中の風景も多数開陳、全写真に著者コメント付き。生麦事件は「交通事故」だった!?書き下ろし論考「立体交差論」を収録。

本体2500円+税 菊判変型並製(19cmx22cm) ■228ページ(カラー192ページ、モノクロ32ページ)

■著者プロフィール
大山顕(おおやま けん)
フォトグラファー、ライター、1972年埼玉県生まれ、千葉県船橋に育つ。千葉大学工学部修士課程修了後、松下電器産業(現・パナソニック)シンクタンク部門を経て、独立、フリーに。最寄りは神奈川県・大師ジャンクション。団地、工場、高架下建築、マンションポエムに写真論など、自在なテーマでフィールドワークに邁進。主な著書に『ジャンクション』『工場萌え』『団地の見究』など。自主制作写真集に「団地の表面」「チェルノブイリ」「香港のてざわり」など。

 

イベント終了後、サイン会があります。
店頭にてご購入された『立体交差』に大山さんよりサインさせていただきます。
※当日店頭でご購入された本に限ります。ご了承ください


日時:2月24日(日) 14:00〜16:00 (開場:13:45)
場所:千葉そごうジュンヌ3F 16の小さな専門書店内 シアター駒鳥座
要予約 座席定員30名 (定員を超えると立ち見になる可能性があります。ご了承ください)
参加料:1,000円(ドリンクチケット付)
※イベント当日に書店レジにて参加受付時にお支払いください。

ご予約はこちら (お電話でも予約受付中 043-306-6781)

予約する

 

大山顕写真展《立体交差》

 

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial