16の小さな専門書店

『ファッションフード、あります。はやりの食べ物クロニクル1970-2010』

1970年代からの食の文化史が面白い。当たり前な食の “ブーム”への違和感に気付かせてくれます。 佐藤亜沙美さんのブックデザインも素晴らしいです!
【商品内容】
「食」はだれもが参加できるポップカルチャーになった。戦後、日本人はいかに食を楽しみ、果ては消費するようになったのか?痛快な文化史。年表付。
 『ファッションフード、あります。はやりの食べ物クロニクル1970-2010』
畑中三応子/著 紀伊国屋書店 2,592円 ISBN:978-4-314-01097-9

 

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial