16の小さな専門書店

宇宙飛行士オモン・ラー

  
【東欧・ロシア ファンタスチカの旅 旧共産圏SFの魅力】フェア開催中です! しかも来月のNHK『100分de名著』ではポーランドのスタニスワフ・レムが特集されます。 なかでもオススメはペレーヴィンのおそロシア宇宙計画物語『オモン・ラー』(群像社)です!
※フェアは終了しました
【商品内容】
うすよごれた地上の現実がいやになったら宇宙に飛び出そう!子供の頃から月にあこがれて宇宙飛行士になったソ連の若者オモンに下された命令は、帰ることのできない月への特攻飛行!アメリカのアポロが着陸したのが月の表なら、ソ連のオモンは月の裏側をめざす。宇宙開発の競争なんてどうせ人間の妄想の産物にすぎないのさ!?だからロケットで月に行った英雄はいまも必死に自転車をこぎつづけている!ロシアのベストセラー作家ペレーヴィンが描く地上のスペース・ファンタジー。
『宇宙飛行士 オモン・ラー』 ヴィクトル・ペレーヴィン/著 尾山慎二/訳 群像社
1,620円 ISBN:978-4-903619-23-1

 

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial