16の小さな専門書店

わたしの名前は「本」

  
「本」が自らを語る。 本書を読み終えると心から「本」が愛おしくなる本。
【商品内容】
本には数え切れないほどの物語があります。
では、もし、本が自分の物語を語ったら……?
粘土板、パピルスの巻物、中世の写本、印刷された紙、そして電子書籍のスクリーン。
本の形は時代によってさまざまに変化して、人々の元にやってきました。
音や声が、言葉となって、文字として記され、束ねられて綴じられて「本」となり、わたしたちのこの手でページがひらかれるまでの、 つつましくもけなげな「本」の長い長い冒険譚。
『わたしの名前は「本」』
ジョン・アガード/作 ニール・パッカー/画 金原瑞人/訳 フィルムアート社
1,728円 ISBN:978-4-8459-1624-5

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial