16の小さな専門書店

3月21日トークイベント《小説『地下鉄道』から知るアメリカ人種問題の歴史》

トークイベント
《小説『地下鉄道』から知るアメリカ人種問題の歴史》

ピュリッツァー賞受賞。世界を圧倒した奴隷少女の逃亡譚、コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』の編集者である永野渓子さんをお招きして、本書『地下鉄道』を中心にそのほかの関連書籍、映画やドラマなどからアメリカの人種問題についてわかりやすくお話しいたします。


イベントは終了いたしました

日時:3月21日(水春分の日 16:00〜17:30

場所:そごう千葉ジュンヌ3F 16の小さな専門書店内 シアター駒鳥座

定員:30名 要予約

参加費:無料


地下鉄道

コルソン・ホワイトヘッド/著 谷崎由依/訳

コーラはランドル農園の奴隷だ。身よりはなく、仲間たちからは孤立し、主人は残虐きわまりない。ある日、新入りの奴隷に誘われ、彼女は逃亡しようと決意する。農園を抜け出し、暗い沼地を渡り、地下を疾走する列車に乗って、自由な北部へ…。しかし、そのあとを悪名高い奴隷狩り人リッジウェイが追っていた!歴史的事実を類まれな想像力で再構成し織り上げられた長篇小説。世界を圧倒した奴隷少女の逃亡譚。ピュリッツァー賞、全米図書賞、アーサー・C・クラーク賞、カーネギー・メダル・フォー・フィクション、シカゴ・トリビューン・ハートランド賞、レガシー・フィクション賞、インディーズ・チョイス・ブック・アワード受賞!ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーAmazon.comが選ぶ2016年のNo.1。
コルソン・ホワイトヘッド
1969年生まれ。ハーバード大学卒業後、ヴィレッジ・ヴォイス紙で働く。1999年に第一長篇The Intuitionistを発表。2016年に刊行された第六長篇にあたる『地下鉄道』は、ピュリッツァー賞、全米図書賞など七の文学賞を受賞し、ニューヨーク・タイムズ紙やワシントン・ポスト紙など多数の有力紙誌の年間ベスト・ブックに選出。ニューヨーク在住

早川書房 2,484円 ISBN:978-4-15-209730-9

シアター駒鳥座イベント関連上映

3月3日(土)から

3月17日から

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial